けいとカメ姉弟の成長を綴ります


by はちきんイジー
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お気に入りはこれ





ママが 卒論 を仕上げるのに 数日勉強をしたいと言うので

夕べは 二人の家に クイックベッド を持参し


泊まりがけで 子守




(写真は 二人のおじいちゃん パンパ)



新しいアパートで 時間を過ごし

その快適さを感じ ますます 社会に感謝したことだ。

私の お気に入りのひとつ は これ


キッチンに ふきぬけ窓 があり




台所で片付けをしてても ダイニングでお絵かきや スナックを食べてる二人を見ていることが出来る




”ちゃんと 食べてるかな カメ君”


もうひとつ は 階段にある 踊り場






まだ階段を下りる時に 腹ばいになる カメ君だが

けいちゃんの真似をして下りようとし 転がってしまうことがある。





特に手に玩具を持っている時は バランス を失いやすい。

ここは ステップが 7つづつ になっているので たとえ 転んで落ちても 痛みも少ない。

手すりもちゃんとついてるし、、、。

 
シャワーを浴びると 熱いお湯 がふんだんに出る。

今朝シャワーを浴びながら、

こんなに快適な生活をさせてもらって 本当に ありがたい とつくづく思った。

電気のコンセントが 少しゆるい が 

ママの話では その修理に 明日 人が来てくれるという


普通のアパートより サービスがいい と 思った。

これで 光熱費を入れて 今月は 30ドル

低所得者用の住居は 安全で快適 に出来ている。


<PS>


”Princess And The Pea” の私も

クイックベッドでは 夜中目を醒ますこともなく ゆっくり眠れた。
 





二人のケイに 応援クリック お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村


今日も 二人のケイ に会いにきてくれて 本当にありがとう。
[PR]
# by 2keiz | 2009-12-17 13:36 | 二人のおうち

一人寝が出来ない

けいちゃんとカメ君がうちで暮らしていた この数ヶ月間

けいちゃんはママと 同じベッド で寝ていた。

カメ君も いつの間にか 毎夜 獏じいさんと 

獅子の親子 のようになって 一緒に眠っていた。


きっとそれが 習慣 になってしまたのだろう


新しい家でも


二人は 夜中に起き出し  ごそごそと

ママのベッドルームに行くらしい

そんな様子を想像すると、、、、



何か 可愛い!








ここはけいちゃんの部屋

ここで泊まるときは この部屋に 私の Quickbed を置いて 寝ようと思う。






カメ君の部屋はけいちゃんのものより少し狭い。

この家に移ってから じじ(義母)から贈られた 小さなベッド を使うようになった。







自由に出入りが出来るベッドが カメ君 お気に入り のようだ


夜中にママを求めて ごそごそ さまよう 二人のけいに 応援クリック お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村


今日も 二人に会いに来てくれて ありがとう。
[PR]
# by 2keiz | 2009-12-15 15:34 | Bed Time

チャンスを逃す

けいちゃんが時々冷蔵庫を開ける話はしたが

先日 こんなことがあった。






寝室にいた私たちのところに 彼女がやってきて

”Baba Spilled soda”

と言う。

(けいちゃんはずっとカメ君のことを ”Baba”(ババ) と呼んでいる)





Sの発音 が苦手なけいちゃんなんで 獏じいさんが何度も聞きえし

 これが分かるや 私は キッチンに飛んでった。


数日前にカメ君が 赤いサラダドレッシング をこぼしたところに 

今度は ソーダを見事にこぼしている




それを 拭きながら 私は カメ君に

”いけないない。 ソーダをこぼして いけない子 しないしない、、、”

と 言い聞かせていると 傍で けいちゃんも 私と同じように 人差し指を振りながら


”ないない”

と お姉ちゃんぶって カメ君に言う。





その時 私は どうやってカメ君が ソーダのビンを手にしたのか

考えもしなかったが

あとで  獏じいさんが

”けいちゃんは あの時 ソーダの蓋をしっかり手に持っていたな。”





その時に けいちゃんが勝手にソーダを持ち出し カメ君に渡したことなどを

ちゃんと 言い正して 置けばよかったが

後になっては 遅すぎる。






けいちゃんの 最近の口癖 は


”Baba Did It”
 

とぼけた顔で そう呟く。






     



二人のケイに 応援クリック お願いします

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村





今日も二人の”ケイ”に会いにきてくれて ありがとう
[PR]
# by 2keiz | 2009-12-14 10:44 | いたずら

ありがたいね!

シングルマザーのママは 低所得者用のアパートに 

先月引っ越した。


家具の少ない部屋だったが、

”使わないから、、、、”

と言って ダイニングテーブルや エンターテイメントセンターを

会ったこともない人が ママの 事情を聞いて 分けてくれた。







 カーテンのない窓にタオルをかけていたので

 を買いに行った。

    






ママが好きだった布

運よく 60%引き で売られていた   



簡単に縫って 持って行ったら 

”今晩は 夕食 うちで食べていくの?”

と聞く。

子供たちがいても さびしいんだ。


と ふと 思った。







こうしたたくさんの人たちからの 親切 を受け 

つくづく 私たちは いつも 誰かに支えられ 生きていることを感じ

ありがたい思い でいっぱいになった。  





頑張っているママに 応援クリック お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 

今日も 二人のケイ に会いにきてくれて ありがとう





 

[PR]
# by 2keiz | 2009-12-12 13:17 | 二人のおうち

いたずらにお手上げ

最近のカメ君の成長は目を見張るものだが

いたずら も 手がこってきた。

なにしろ お姉ちゃんのけいちゃんが その手助け をするので

範囲もひろくなり 

思いもよらない事件 の連続だ



あまりにも 驚いたので その写真もない。

まず 外に出るドアを開け 犬のチャンスを出した けいちゃん

その時 弟のカメ君が するりと ドアから 抜け出るのを 見ても 知らん顔

そのままドアを閉める。







この雪の中

カメ君は 素足で 外に立っていた。

きゃ~~~~


お腹が空くと、、、というか 退屈になると


冷蔵庫を開けるけいちゃん

その時 弟のカメ君も これは チャンス と 近寄ってくる。


冷蔵庫の中に入っている さまざまなビン を見ては

蓋をあけたい 欲望 にかられ

開けては ビンを逆さ にして中身を確かめる。


今日は カーペットが 真っ赤 になって怒っていた。







にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 このいたずらっ子たちと戦うBachmaに応援クリック お願いします。

今日も 会いにきてくれて ありがとう。
[PR]
# by 2keiz | 2009-12-11 12:49 | いたずら

トイレトレの始まり?

お姉ちゃんのけいちゃんが トイレに行く度に

弟のカメ君も一緒に行く。

けいちゃんがトイレに座って ウンチをするのを 見ているせいか

ある日カメ君が




”Poop"

と言って 人差し指で股の辺りを指した。

トイレトレーニングなど まだまだと 思っていたが、

本人から こう言われ 座らせない と云うのも

 いいチャンス を逃がすようなので




”カメ君 ウンチする?”

と聞いて トイレに座らせた。







それからは 時々 人差し指で股の辺りを指しながら

”Poop"

と言って 私たちに知らせる。


ただし ウンチをしてしまってからだが、、、。



いいスタート だとは思っている。





にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 トイレトレに励むカメ君に 応援クリック お願いね!


  
二人の K にi会いに来てくれて ありがとう
[PR]
# by 2keiz | 2009-12-11 00:00 | Potty Training

年子のふたり

お姉ちゃんのけいちゃんは2007年5月生まれ

弟のカメ君は 2008年 7月生まれ

二人の両親はカメ君が数ヶ月の時に離婚した。

ママは2009年の12月に大学を卒業 教師の資格を取った。



シングルマザーのママのヘルプに二人の子守をしている私事 Bachamaが

けいちゃんとカメ君の成長を綴る ”ザ ケイズ ”をどうかよろしく





訪問ありがとう



又 遊びにきてね







良かったら ”二人のK”の応援にクリック お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by 2keiz | 2009-12-10 03:22 | はじめに